院長からのご挨拶

Home > 院長からのご挨拶

院長からのご挨拶

このたび、久保田レディースクリニック改め「あらきレディースクリニック」を開設させていただきました、院長の荒木良二と申します。

 

久保田院長先生にご縁を頂くことができ、また先生の『患者様一人一人とじっくりと向き合うスタイルの医療』に共感を覚え、婦人科医として35年間、大学病院や赤十字病院、そして婦人科専門クリニックで診療にあたってきた経験も活かしながら、この場所で新たに頑張っていきたいと思っています。どうかよろしくお願いいたします。

 

一人一人に向き合う診療とは?

 

女性は子供を産み育てるというたいへんな使命を天から授かっている存在です。

 

それゆえ、女性の一生の中で妊娠と出産はとても大きな位置を占めているのです。
10代前半で初潮を迎えてから、少女から大人の女性に成長し、パートナーと出会い、子供を産み、育てていく。家族という人の繋がりを穏やかに、そして確実に広げ、育んでいくことができるということが、女性という性のすばらしさだと思います。

 

そのため女性には男性にない、子宮と卵巣という大切な臓器があるのです。

 ● 荒木院長経歴
  昭和48年 金沢大学教育学部付属高等学校 卒業
  昭和54年 日本医科大学 卒業
  昭和57年 ハワイ大学付属カピオラニ小児病院 留学 
 

昭和59年

日本医科大学大学院 卒業

医学博士学位授与

日本医科大学産婦人科 助手

   昭和62年 大阪医科大学産婦人科 助手
   平成05年 公立甲賀病院産婦人科 医長
   平成15年 高槻赤十字病院産婦人科 部長
 

 平成19年

大阪医科大学臨床教育 助教授

近藤産婦人科医院 副院長

   平成24年 10月 あらきレディースクリニック院長 
 ● 所属学会等
 

日本産婦人科学会会員

日本周産期新生児学会会員

日本胎盤臨床研究会会員

 

産婦人科認定医

母体保護法指定医

 

しかし、女性の健康において、この子宮と卵巣の存在がいかに大きいか、ゆっくりと説明できる余裕のある病院はとても少ないのが実情です。また、産婦人科というと、つい妊娠と出産がその大きな部分を占めていると考えがちで、二十代、三十代の人だけが行くところと思っている方もまだまだ多いように思います。

 

しかし、実際はそうではありません。というのは、月経が始まったばかりの少女から、更年期を迎え、またそれを通り過ぎた世代に至るまで、女性ホルモンの影響を一日たりとも受けないではいられないのが、女性の身体であり、心であり、つまりは人生だからです。当院にお越しくださった時に、またゆっくり説明いたしましょう。 私はそういったあらゆる世代の患者様と一緒に、治療方針を考え、生き生きと健康に過ごせるようお手伝いさせていただきたいと思っています。どうかお気軽にご相談ください。

 

悩む前にまずは検診、健康相談、また、特に赤ちゃんを望まれている方には出来るだけ早く来て頂く事をお勧め致します。

当院の治療方針

患者様のご要望を出来るだけ伺い、詳しく病状を説明し、よく理解して頂いてから治療を進める
最小限度の検査で出来るだけ治療費を抑え、出来るだけ治療期間を短く、そして最高の効果を目指す
最新の医療技術を常に取り入れ、保険診療では対応できない治療についても自由診療で対応し、幅広い要望に応えられる医療技術の習得に努める

あらきレディースクリニック 院長:荒木良二  電話:075-382-2700アクセスマップお問い合わせ
〒615-8074 京都市西京区桂南巽町140 内海ビル4F